集中

一級建築士の製図試験は、最終的に提出するものは2枚。

A2サイズのデカい図面と、A3サイズの論文形式。

簡単に言えば、「絵」と「文章」です。

といっても、「絵」のなかにもめちゃくちゃ文字を書かないといけないし、「文章」のなかにも挿し絵のようなものを書かないといけません。

この「絵」と「文章」で採点官にどれだけアピールできるかがカギです。

試験終了まで頭をフル回転させて、アピールポイントをどんどん書き込むことが大切です。

本番で最後まで集中できるように、とにかく整理です。

投稿者: robe

1984年(昭和59年)生まれ 福島県在住 性別:男 職業:建築

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。