逃げる人生

昔から、自分のハードルを下げて、「人と競争しなくていい選択肢」をとって生きてきました。

就活でもそうでした。

会社を選んだ理由が「入りやすそうだったから」です。

次に入った会社も理由はそんな感じでした。

そして、仕事のなかでも「人と競争しなくていい選択肢」をとり続けました。

そして、無意識のうちに成長が止まりました。

僕は2社合わせて10年くらい会社員として生きてきましたが、今思うと、とにかく逃げ続けた10年だったように思います。

とにかく、無駄なことばかりしてきたなと、つくづく思います。

ただ、そのあとの4年間は、前の10年間よりも、かなり濃すぎる生活を送っています。

きちんと「人として」生活できています。

人として何が必要かということと、時間の使い方を知ることができました。

とにかく、物と情報を整理して、前進していきます。

投稿者: robe

1984年(昭和59年)生まれ 福島県在住 性別:男 職業:建築

逃げる人生」に6件のコメントがあります

  1. 逃げたことで多くのことを学ばれたように感じます。私も一時期逃げたことがありました。1年ほどでしたが、その後は逃げずにいます。逃げても虚しさだけが募り、逃げることは出来ないと気付いたのです。私にとっても大事な逃げの時期だったと思っています。

    いいね: 1人

  2. ひょっとすると、無駄なことは何一つもないかも知れません。全てに意味があると言いますし…

    無駄があるから無駄でないことにも気が付き…

    それにしてもこのコロナ、打つ手がもう何もなくて、それこそ無駄な時間を過ごしているような気がします…

    いいね: 1人

  3. そうですか。逃げていても逃げて居なくても、貴方はちゃんと「人」だと思いますよ。逃げた場所が、どこか分からず、怖さがあっただけかも知れません。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。