おすすめ

最初のブログ投稿

「Be yourself; Everyone else is already taken. (自分らしくあれ。誰かの役になろうとしても、そこはすでに埋まっているのだから)」

オスカー・ワイルド

これは私の最新ブログでの初投稿です。この新たなブログはまだ立ち上げたばかりです。これから充実させていきますのでぜひご注目を。以下で購読をお申し込みいただくと、新しいブログ投稿があったときに通知をお受け取りいただけます。

CDシングルランキング97年4月BEST3

第3位 1/2/川本真琴

第2位 本気がいっぱい/V6

第1位 Go! Go! Heaven/SPEED

明るく

これだけ雨の日が続くと、いつも明るくするように心がけていても無意識のうちに暗くなります。

明るくする方法としては、鴨頭嘉人さんの話にもありましたが「朝起きたらまずめちゃくちゃテンションを上げる」ということです。

テンションとは、時間が経つにつれて少しずつ下がっていくので、朝にガーンと上げないとそこから上げるのが難しいとのこと。

雨だろうと何だろうと、一日の基準を作るために朝から超ハイテンションでいかないといけません。僕のような人間は特に。

といっても、この3年でめちゃくちゃ明るくなりました。自分でも実感してます。

暗くなる方法はいくらでもあるし、逆に明るくなる方法もたくさんあります。

とにかく、毎日毎日、明るくなる方法を考えて実行していくことが大切です。

ウタのタネ第1回

Webマガジン「考える人」のなかで、Superflyの越智志帆さんの連載が始まりました。

連載の名前は「ウタのタネ」。

歌について。日々の過ごし方について。悩みなどについて。

いろんなことをこれから書いてくれるとのことです。

第1回は「伝えるレッスン」。

興味のある方はぜひ読んでみてください。

⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

藤堂先生

4月から放送されてた朝ドラ「エール」。

途中で撮影中止になり、現在は再放送だけ流れてます。

主人公は作曲家の古関裕而(こせきゆうじ)。ドラマでは古山裕一(こやまゆういち)です。

何の取り柄もない裕一が音楽に目覚めて成長していく過程のなかで、藤堂先生という音楽の先生が出てきます。演じてるのは森山直太朗。

この藤堂先生、所々で重要なアドバイスをしてくるキーパーソンのような存在となってます。その重要なアドバイスに、僕もめちゃくちゃ考えさせられました。

僕のなかで一番残っているのが、得意なものを見出だせない裕一に言ったセリフ。

「人よりほんの少し努力するのが辛くなくて、ほんの少し簡単にできること、それがお前の得意なものだ。それが見つかれば、しがみつけ。必ず道は開く。」

辛くなくて、ほんの少し簡単にできる。

この考え方、めちゃくちゃ大事です。

辛くて難しいことに敢えて挑戦して、最終的に体を壊す。こんな人生を送ってきた人、たくさんいると思います。

辛い環境のなかで頑張ると全てが空回りします。

だから、楽に考えていいです。

余裕を持って明るく過ごすなかで、頭をフル回転させることが大切です。

切り替え

誰にでもプラス思考になる時とマイナス思考になる時があると思います。

元々プラスで明るい人生を送ってきた人はプラス思考の時間が長いと思いますが、僕はマイナスのほうが多いです。

しかし、これでも以前よりはマイナス思考の時間が少なくなってきたように思います。

僕が一番、マイナス思考の時間が少なくなったと実感できるのが、何か嫌なことが起きた時にプラスに切り替えることができるようになったこと。

しかも、その切り替えが早くなってきたように思います。

マイナスの時間を無くすことはできないと思います。ですが、マイナスからの切り替えは誰でも鍛えればできるようになると思います。

「自分はマイナスの性格だから」と決めつけるのではなく、プラスへ切り替えながら過ごすことを心がける必要があります。

そのためには、ひたすら練習です。

焦らない

会議など3人以上で話す時、勢いのある人がいるとその人が主導権を握ることになります。

その人が間違っていたとしても勢いで進められてしまいます。

僕は、その勢いを出された上で自分に質問が来ると焦って言い返せなくなることがあります。

なので、主導権を握らせないようにしないといけません。

主導権を握らせないためには、その人の発言にさらっと言い返す力が必要です。

そのためには、勉強して準備してから会議を進めないといけません。

つまり、勢いのある人よりも上の知識をつけないといけないということです。

どんな分野でも、会議などに参加する時はある程度時間をかけて自分なりに準備をする必要があります。それを普段からやっておけばいざというとき焦らなくなります。

とにかく、勉強と準備です。

案内表示

銀行でも郵便局でも、入口の案内がわかりづらいです。

何の手続きに来たかをタッチパネルで選ぶやつ。

それから、ATMにもわかりづらい点があります。

ATMを使う時の手数料。

わかりづらいのは、金融機関だけではないです。

ファーストフード店やファミレスのメニュー。

単品がいくらでセットがいくらなのかわかりづらいです。

とにかく、どこで何をするにもわかりづらい表示がたくさんあります。

しかしグチを言ってもしょうがないです。

解決する方法は単純に2つ。前もってネットで調べて行くか、店員さんに細かく聞く。

便利な世の中なのでスマホでもパソコンでもすぐ調べられます。しかし、人との繋がりがかなり薄れて冷たい世の中ですので、逆に店員さんに細かく聞くのもありです。

行列になってる場面、他のお客さんのことも考えないといけないですが、そこまで深く考えなくていいと思います。

自分にとって一番楽な方法をとって過ごすことが大切です。

話すこと

人は言葉を発します。

他の動物と違い、言葉でコミュニケーションをとります。

言葉を発することで、他の動物にはない「細かいコミュニケーション」を作り出すことができます。

なので、上手いとか下手とか関係なくどんどん言葉を発したほうがいいです。

下手な人は下手なりの「話し方」を勉強することで、コミュニケーションをとれるようになります。

僕も以前は「どうせ俺なんか話下手だし」と考えて過ごし、仕事では超ネガティブになり、休日には誰にも会おうとしませんでした。

しかしそんなやつでも、自分に合うものを徹底的に探し勉強することで少しずつ変わることができます。

動画でも本でも何でもあります。

まずは検索して「この人の解説いいかも」と思ったら、その人の解説のとおりにすぐ実行です。

とにかく動くことが大切です。

家のこと

我が家は、かなり古い作りの家です。

和室が4部屋繋がっていて、家の中がほとんどふすまとしょうじです。で、一番奥の部屋は完全に物置です。

それと、家にくっつく形で広い物置がありますが、今は誰も出入りしてません。何が置いてあるかというと、亡くなった祖父と祖母の着物や食器などなど。

時代が違うからしょうがないですが、「何でこんなに広い家を作ったんだ」と思う今日この頃。

いらない物が山ほどあるので、いつかは誰かが片付けなくてはならない日が来るわけです。

こういうことは時間を見つけて徹底的にやらないといけないと思います。

とにかく、意識を強く持って、整理と実行です。