おすすめ

最初のブログ投稿

「Be yourself; Everyone else is already taken. (自分らしくあれ。誰かの役になろうとしても、そこはすでに埋まっているのだから)」

オスカー・ワイルド

これは私の最新ブログでの初投稿です。この新たなブログはまだ立ち上げたばかりです。これから充実させていきますのでぜひご注目を。以下で購読をお申し込みいただくと、新しいブログ投稿があったときに通知をお受け取りいただけます。

情報を発信

時代の変化が早いです。

25年前はケータイなんて誰も持ってなかったのに、今はケータイという言葉すら聞かなくなりました。

「ケータイ」ではなく「スマホ」です。

使い方もかなり変わりました。

今は、どこでも誰でも情報発信できます。

情報を発信して、自分の考えを伝えることができます。

ただ、発信する場合、暗いことを伝えるのではなく、明るいことを伝えなければなりません。

明るく周りの人にいろんなものを与えることが大切です。

変化が早い世の中で、変化を恐れず前進です。

伝える

ブログでもTwitterでもYouTubeでも何でも、自分の言葉を自分自身に言い聞かせることで、その言葉が自分自身に染み込んでいく。

その時に、自分をよく見せようとして盛った考えを言うと、自分を裏切ることになり継続できなくなるそうです。

なので、盛った考えを言うことなく、そのまま表現したほうがいいということです。

と同時に、自分が納得いく発言をしなければなりません。

まずは、考えてることをそのまま表現することが大切です。

人とお金

実家に帰ってくるまでは考えもしなかったこと。

人の価値という言葉。

お金の価値と言われれば数字に表れますが、人の価値というとわかりづらいです。

人の価値とは、自分の言動でどれだけ人を動かせるか、ということだと思います。

そして、それがどれくらいのお金になるか。

順番としては、人の価値が上がり、そのあと、お金に変わる、という感じだと思います。

いろんな価値を知るためには自分で勉強しなければならないわけですが、そのためには人と関わる量を増やすことです。

誰と何の話をし、自分は何の作業ができるかを徹底的にアピールすることです。

それを毎日毎日継続することです。

とにかく、継続することが大切です。

カボチャ

ずっと前に畑に捨てた生ゴミの中から、カボチャが自然と生えてきていました。

たまに畑に行った時に確認はしていたのですが、遂に昨日、父が収穫しました。

意外と順調に成長し、形もしっかりしています。

切ってみて中身が悪かったら捨てようと思ったのですが、なかなかいい感じでした。

色も良かったです。

夕食に、父が煮物にしてくれました。

カボチャそのものの味が出ていておいしかったです。

一人の時間

仕事のなかには、コミュニケーションを取りながら作業をする時間と黙々と作業をする時間が存在します。

言い換えると、「人と話し合う時間」と「一人で作業する時間」。

この二種類の時間は、両方大事です。

ずっと黙々と作業をするのもだめだし、ずっと話しているのもだめです。

時間を決めて一人で作業し、時間を決めて話し合うことが大切です。

ごく一部の大企業ではこういう話し合いの時間が作られていると思いますが、ほとんどの会社では何も決められていません。

自分でコントロールしなければなりません。

朝会社に来たら何をしてどういう順番で作業してどのタイミングで上司に話しかけるか、というのを自分で考えないといけません。

そもそも、「この会社で生きていく」ということをハッキリ決めないといけません。

自分に合った生き方を決め、毎日の過ごし方を決めることが大切です。

少しずつ変化

自分のブログや手帳を読み返したりすることで、自分があの時期何を考えていたかを思い返すことができます。

静かな環境で集中して振り返るといいです。

数ヶ月前はこんなことを考えていたのかと新たな発見をすることもあります。

そのなかで、変えないほうがいい考え方、変えなければならない考え方を整理していく必要があります。

少しずつ変化させながら表現し続けていくことで、自分の進む道が見えてくると思っています。

とにかく、量と継続です。

話すこと

話が下手な人というのは、勉強も経験も足りないそうです。

なので、自分が関わっている分野で勉強して実践するということを繰り返せば、自然と話せるようになります。

徹底的に勉強して知識を増やせばそれを話すチャンスが必ず出てきます。

そこで話し自信をつけてまた徹底的に勉強する。

ということを毎日続けると話せるようになります。

僕は、本や動画などいろんなもので勉強して話せるようになりました。

とにかく、毎日続けることが大切です。

共感する

仕事で誰かと話す時は、自分が持ってる知識を出しながら相手の知識も入れ、共感することが大切です。

そのなかで、自分の知識を出す時は、できるだけ多く出しまくるほうがいいです。

ただ、出しまくって自分の意見を押し通すというのではなく、共感してお互い納得する状態がいいと思います。

それもこれも、できるだけ多く勉強するところから始まります。

仕事の内容を徹底的に勉強して相手に話し共感する。

これを継続することでさらに知識が増えます。

とにかく、毎日勉強して実践することが大切です。

動き続ける

僕もそうですが、外に出て動くのが苦手な人、たくさんいると思います。

このご時世ということもあり、余計動きづらくなっています。

しかし、動くのが苦手な人こそ、好き放題に動く意識を持たなければなりません。

好き放題といっても外に出まくることではなくて、映画を見たりお笑いを見たり本を読んだり料理をしたりなど、自分が本当にやりたいことが必ずあるはずなので、そういうことにどんどん手を出すのがいいと思います。

外に出ることがいいことだと思っていたのに実は家の中で動くほうが合っている、と気づく場合もあります。

自分に合うことを見つけるためには、まずは動くこと。

とにかく、小さいことから動くクセをつけることです。

動けばいろいろ気づきます。

自分の将来に役に立つ方向に本気で動くことが大切です。

自分を理解する

僕は基本的にコミュニケーション能力が低いです。

幼い頃からずっと人の判断基準で生きてきました。

こういう人は大人になっても自分で好き嫌いを判断できなくなります。

人と接する時の仕草も頭で考えてしまいます。

判断基準が何もないからどうにも動けないので、常に悩んでどうすればいいんだと人のせいにする癖が付きます。

しかし過去は変えられないので、これからゼロから始めてみるという考えのもとで動いています。

今までの自分は「何も知らない自分」だと理解して、これから一つずつ覚えていくという心構えです。

一つずつ確実に動かないと本当に何も進まない時代です。

もし同じように判断基準も何もなく悩んでいる方がいたら、「何も知らない自分」を理解してほしいです。

その中で一つずつ動くように心がけることが大切です。

肉、魚

昨日の夕食は、白菜鍋、地鶏のシューマイ、シャケ、鯉のうま煮でした。

食べてる途中で撮ったので、シューマイが少なくなってしまいました。

鯉のうま煮は、仕事関係の方からの山形のお土産です。

野菜もたくさんで、いろんな味が楽しめて、最高でした。

魚介類

昨日の夕食は、シャケ、イカのぽっぽ焼きでした。

シャケは、地元スーパーの切り身を焼きました。

イカは、同じスーパーの惣菜コーナー。

あと、ポテトサラダは、父が作りました。

メインも野菜もちょうどいい量で、おいしかったです。

改修の進捗

我が家の事務所の改修工事は、少しの間、ストップしています。

何かわけがあってストップしているのではなくて、大工さんの人数が少ないうえに何件も抱えているので。

うちのほうは、それでいいということでお互いに理解したうえで動いてもらっています。

それに、大工さんがいろんな連絡をくれるので、何も心配はしていません。

とにかく、これからどんな仕上がりになっていくか楽しみです。

SDGs

SDGsという言葉が流行っています。

プラスチックを減らしたり二酸化炭素を減らしたり、いろいろあるみたいです。

とにかく、地球をキレイにしましょう、ということらしいです。

しかし、矛盾しているところがたくさんあります。

電気自動車やIHクッキングヒーターをどんどん生産して、排気ガスを出さないようにしているみたいですが、火力発電は止めない。

レジ袋が有害だと言いながら、生産を止めるのではなく、ただ単に有料にしただけ。

つまり、単純に、SDGsという名の巨大ビジネスになっている気がします。

住宅もそうです。

省エネ住宅を作る世の中になってきていますが、今の省エネ基準に従うと、最高級の資材を使った豪華な家を建てることになります。

見た目は普通の住宅でも、中身は豪邸といった感じです。

これも、「庶民からカネをとろう」という一部の人たちによる巨大ビジネスだと思っています。

結局のところ、自分の将来に本当に必要なものは何か。

日々勉強して、冷静に真剣に考えて過ごすことが大切です。