お金の感覚

お金の使い方や価値感などは、親の考え方がそのまま自分に写ることが多いそうです。

それはおそらく、所持金が多いとか少ないとかは関係なく、何にどう使うかの問題だと思います。

貯金が少なくても、自分にとって価値がある物を買って、家族が幸せになれば、子供もその喜びを知って、親と似たようなお金の使い方をするものだと思います。

我が家は、常に「お金がないお金がない」と言われ続けてきたので、今でもお金の使い方を慎重に考える時があります。

僕は、30を過ぎた頃に、やっと、経済について何も知らないということに気づきました。

そこから会社を辞め、父の元でお金のことも含め、学んでいます。

とにかくひたすらお金について、勉強を続けていこうと思います。

投稿者: robe

1984年(昭和59年)生まれ 福島県浜通り在住 性別:男 職業:非正規 2007年 3月 大学卒業 4月 仙台の企業Tに就職 2008年10月 企業Tを退職 2009年 7月 仙台の企業Kに就職 2016年 3月 企業Kを退職 2017年 4月〜 地元で非正規 10年間、都会で自分に合わない仕事を無駄に我慢しながら食らいついてきましたが、これでは本当に自分の将来がなくなると思い、好きなように過ごそうと地元に戻りダラダラと生きています。 性格は暗くても前向きに生きています。 ブログでは、日々あったことを、 ただひたすら書いています。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。