電話

20代の若い会社員にとって、会社の電話というのは誰でも嫌なものだと思います。

考えれば考えるほど難しくなります。

来る時は急に来るし、かける時は誰が出るかわかりません。

そもそも、会社では、どうして若い人が取らなければならないのか。

考えればキリがないです。

悩む人は常に悩むわけですけど、本当は悩むだけムダです。

悩むパターンとしては、「電話来たらどうしよう」とか「かけた時に変な人が出たらどうしよう」といった感じだと思います。

しかし、どんな結果になろうと自分に責任はない、ということ。

誰がかけてきても向こうの勝手だし、誰が出ても向こうの勝手です。

パニックになって言葉が出てこないとかいう状態になったら、すぐ保留を押して上司に変わっていいと思います。

つまり、それくらいテキトーに過ごしていいということです。

そして、「〇〇さんのために」とか、人に気を遣うのではなく、自分優先でいいと思います。

気を楽にして自分優先で考えられるよう鍛えることが大切です。

投稿者: robe

1984年(昭和59年)生まれ 福島県在住 性別:男 職業:建築

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。