染み付いた癖

自分では我慢強い、と勘違いして生きてきました。

小さい頃、怒られても反抗せずグッと耐えていたので、自分は我慢強いんだと思っていましたが、これは我慢強いのではなく、単なる「やせ我慢」だということが大人になってからわかりました。

たぶん、「溜めてあとから爆発するタイプ」の典型的な例だと思います。

小さい頃からの癖が染み付いて「我慢強い」「忍耐力がある」などと、都合のいいように言い聞かせてきてたのかもしれません。

30年間染み付いたものって、そんなに簡単に変えられるわけがないんですが、一つずつ変えていかないと前に進めないので、自分なりに調べて勉強していかなければなりません。

今は、仕事中でもいつでも思い付いた時に人と話すという訓練を毎日毎日自分なりに繰り返しています。

そして、夜は日記や予定表を手帳にビッシリ書くようにしています。

これだけでも以前に比べてかなり変われました。

こうやって自分なりに動いてみてわかったこと。

大人になってから勉強して前に進むための「基本的な心構え」と「頭を使って話す」「頭を使って書く」ということ。

「頭を使って」というのは、実は多くの人がやってない、というのを聞きました。多くの人は「頭を使ったフリ」をしているそうです。

頭を使うためには、まず動くことが必要です。

弱い者は弱い者なりに少しずつ進んでいかなければなりません。

とにかく、継続することが大切です。

投稿者: robe

1984年(昭和59年)生まれ 福島県在住 性別:男 職業:建築

染み付いた癖」に2件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。