暗い顔より笑顔

人と話す時の表情は大事です。

あれを話そうこれを話そうと頭の中で考えていると、表情がおかしくなります。

そうならないためには、頭の中で考えるのではなく、「その人に話したいこと」をそのまま話す意識が大事です。

そして、笑顔を心がけなければいけません。

僕は顔に自信がなかったので、「笑顔で接する」という選択肢がありませんでした。

「自分が笑顔になっても誰も喜ばないし」と考え、暗い顔を選択していました。

しかし30歳を過ぎて思ったのは、暗い顔はもっと喜ばれないということ。

笑顔も暗い顔も喜ばれないと考えているのであれば、「笑顔」という選択肢をとったほうがいいです。

それに、暗い顔は相手に失礼だということも知りました。

顔に自信がなくても、笑顔になればみんな笑顔になります。

そして、笑顔でいれば考え方も変わってきます。

まずは、無理矢理にでも笑顔にすることが大切です。

投稿者: robe

年齢は37歳男👨 仕事は建築系の事務系🏠 超小規模個人事務所勤務🏢 一級建築士📝 建築や土木について、日々勉強中。 居住地は福島県の田舎🗾 父と二人暮らし🏕️ 休日の過ごし方は主に畑作業、庭作業🌿 たまにサッカー観戦、野球観戦📣🥁 買い物は仙台🚙 性格は常にダラダラで根暗な感じ♣️ 日課は、サイクルマシン、腰のストレッチ✊ 日々思ったことをブログに投稿しています。

暗い顔より笑顔」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。