自分で判断する

コミュニケーション能力の低い人の多くは、幼い頃からずっと人の判断基準で生きてきたことと思います。

そして、大人になっても自分で好き嫌いを判断できなくなります。

人と話す時も自分の意見を言えなくなり、仕草も何もかも相手の顔色を伺うようになります。

判断基準が何もないからどうにも動けないので、常に悩む癖が付いてしまいます。

しかし、過去は変えられません。

変わるためには、これからゼロから始めてみるという考え方もあっていいと思います。

僕が考えたのは、まずは今までの自分は「何も知らない自分」だということを理解することから始めました。

そして、これから一つずつ覚えていこう、という心構えで過ごしています。

一つずつ確実に考えていかないと本当に何も進まないです。

もし、大人になっても自分で判断できずに悩んでいる方がいたら、「何も知らない自分」を理解すると、少し楽になります。

一つずつ自分で動けるように心がけることが大切です。

投稿者: robe

年齢は37歳男👨 仕事は建築系の事務系🏠 超小規模個人事務所勤務🏢 一級建築士📝 建築や土木について、日々勉強中。 居住地は福島県の田舎🗾 父と二人暮らし🏕️ 休日の過ごし方は主に畑作業、庭作業🌿 たまにサッカー観戦、野球観戦📣🥁 買い物は仙台🚙 性格は常にダラダラで根暗な感じ♣️ 日課は、サイクルマシン、腰のストレッチ✊ 日々思ったことをブログに投稿しています。

自分で判断する」に3件のコメントがあります

  1. 私は何も知らない自分だと自覚したのが子どもの時で10歳です。今は知らないことを知っている自分に成れたと思います。自分の知っていることは一部に過ぎない。これは以前にも書いたように思います。体験から学ぶことの大切さを実感しています。仕事を続けていると様々な知識も得られて本当に有難いと思う毎日です。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。