予定の立て方

仕事のなかで、1日の予定を決める時は、背伸びしすぎてはいけません。

調子に乗って自分の実力以上の動きをしようとすると、自分にムダにプレッシャーを与えることになります。

予定を立てる時は、身の丈に合った動き方を自分で考えなければなりません。

余裕を持った動き方を決めると、本当に余裕ができた時に新しい作業をそこに当てはめることができます。

全て決まっている大企業であれば話は別ですが、ほとんどの会社では自分で考えなければやっていけません。

自分で常に先を読んで、物事を決めていくことが大切です。

投稿者: robe

1984年(昭和59年)生まれ 福島県在住 性別:男 職業:建築

予定の立て方」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。