やりやすい環境

どういう環境に自分を置くか。

そこから、自分に合っている職場を見極めることができると思います。

まずは「やりやすい環境」か「やりづらい環境」かを考えます。

「やりやすい環境」とは、発言しやすい、行動ししやすい、誰に何を聞いていいかわかりやすい、ということ。

「やりづらい環境」とは、発言しづらい、行動しづらい、誰に何を聞いていいかわかりづらい、ということ。

「やりづらい環境」にいると、ただただ全ての動きが難しくなり、ストレスが溜まりまくります。

逆に「やりやすい環境」であれば、どんな仕事でも何でも、どんどん進んでいきます。

どんどん進むというのは「簡単に進む」というわけではなく、壁に当たっても「解決策が見つかりやすい」ということ。

とにかく、環境というものに目を向けると、仕事内容は難しくても簡単でも問題ないです。

「環境」が重要です。

自分に合った環境を見つけ出すには自分で線引きです。

いろんな情報を取り入れ、動画でも何でも使って徹底的に勉強して知識を増やすことが大切です。

投稿者: robe

1984年(昭和59年)生まれ 福島県在住 性別:男 職業:建築

やりやすい環境」に3件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。