勉強の考え方

物事をハッキリ言うということは、「滑舌よく」発言し「語尾」に力を入れるということです。

自信がなく小声の人は、これができません。

その結果、「ハッキリ言え」って言われます。

自信がなく小声の人は「ハッキリ」の意味がわかりません。

「ハッキリ言え」と言われても、「何をどうやって?」と余計に悩んで声が出なくなります。

なぜ自信がないかというと、基本的に「周りの目を気にする」という体質だから。

で、改善する方法としては、自分が関わってる分野について徹底的に勉強すること。

勉強といっても、何をどうすればいいか。

コンビニ店員ならコンビニについての本を買ってきて読みまくる。金属部品の工場で働いてる人は、金属についての本を買ってきて読みまくる。

単純に、自分が関わっていることについて徹底的に知識を入れるということです。

そうすれば、その分野について話せるようになります。

そうすると、今度は他の分野と組み合わせて話せるようになります。

いずれ、いろんな分野について話せるようになります。

上司も先輩も、こっちの事情に関係なくいろいろ言ってくるので、こっちは自分で勉強して知識を得るしかありません。

気合いとかそういうものではなく、徹底的に勉強して実践することが必要です。

投稿者: robe

田舎でのんびり生活してる36歳👨 畑を作ったり、庭の手入れをしたり🌲 仕事は建築関係🏠 小ぢんまりした事務所に勤務中▶️ 二級建築士として住宅の図面を書いてます📝

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。