幸せとは

精神科医樺沢先生の話です。

幸福には、セロトニン的幸福、オキシトシン的幸福、ドーパミン的幸福の3種類あるそうです。

セロトニンは、心身の健康によって幸せだと思った時に出てくる。

オキシトシンは、人付き合いがいい感じになって幸せだと思った時に出てくる。

ドーパミンは、地位や名誉が充実して幸せだと思った時に出てくる。

この3種類の中で最も大事なのは、セロトニン的幸福だということです。

しかし、ほとんどの人がドーパミン的幸福が大事だと勘違いしています。

何も考えずに「成功して幸せになりたい」と言ってガンガン地位や名誉を手に入れドーパミンを発し成功して、結局不幸になる。

成功しても体を壊しては何の意味もないということです。

まずは心身の健康がなければ何も始まらない、ということを言ってます。

投稿者: robe

残業、休日出勤、いじめが理由で一般企業を辞めた落ちこぼれです。 クズなりに日頃あったことをブログにしていきます。 少しでも共感してもらえるとありがたいです。

幸せとは」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。