自分の中の常識

学生時代、コンビニのバイトをクビになったことがあります。

人と話せない、話を聞けない、自分で考えられない、自分で動けない、という感じだったので。

じゃあ何でコンビニでバイトをしたのか。

それは、「コンビニでバイトをすること」が学生として常識だと思ったからです。

そんなの常識じゃないというのは、かなり後になってからわかりました。

他に「学生のバイト」というのは無限に存在します。力仕事もあるし事務系もあるし。パソコンは使えたのでいろんな選択肢があった気がします。もっと自分で決める力があればよかったんですが、コンビニかスーパーの店員という選択肢しかなかったんだと思います。

コンビニでなんかバイトするんじゃなかったと、ずーっと後悔してました。

しかし、もう前に進むしかないので、昔の嫌な記憶はできるだけ忘れるように心がけてます。

「学生のバイトはこれ」「就職活動のやり方はこれ」という周りの一般常識は本当にどうでもいいです。

自分が本当になりたいものは何かを考え、自分の中で常識を作るのがこれからの生き方だと思っています。

投稿者: robe

残業、休日出勤、いじめが理由で一般企業を辞めた落ちこぼれです。 クズなりに日頃あったことをブログにしていきます。 少しでも共感してもらえるとありがたいです。

自分の中の常識」に2件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。