拝啓、あべしんぞうさま

一つの理想でしかない。

できることなら、という話。

できることなら、あべしんぞうさまに頼みたい事。

中小企業、零細企業に2000万円ずつ、個人経営者に1000万円ずつ、今すぐ配り始めてください。

全国に一斉に「配る」ではなく、配り「始める」と言いたいわけです。

どういうことか。

一斉にバーっと配るのは無理があるから、順番に配る。

例えば一番最初は、観光客が多い浅草。

パっと思い浮かんだのが浅草だったので浅草にしました。

まずは浅草の個人商店に1000万円ずつ配る。

そこから順番に、浅草の次は〇〇、という感じで一つ一つ確実に助けていく。

という意味で、浅草から配り「始める」ということ。

一日一日、確実に配っていく。

法案とか閣議決定とか、そこは省いて。

あべしんぞうさまの「一言」で今すぐ決定してください。

順番に配っていくことで、みんな安心する。

で、安心してみんな店を休む。

この「店を休む」という方向に持っていかないと何も進まない。

この方向に持っていけないのであれば、政府がいる意味がない。

そもそも、総理大臣というのは偉くもなんともない。

総理大臣というのは、「単なる国民の代表」。

「民意」よりも下の立場です。

国民がこうして欲しい、と意思表示したら、まずは言うことを聞かないといけない。

国民の意見に答える方法としては、お金で。

言い変えれば、「国民が困ってたら早く金出せ」ということです。

逆に、政府が力になれるのはそこだけです。

力を合わせて乗り切ろう、とか、全力で支援します、とか、「言葉を並べる」のではなく、「金出せ」ということです。

それをしない政府を一言で何と言うか。

「独裁国家」です。

投稿者: robe

残業、休日出勤、いじめが理由で一般企業を辞めた落ちこぼれです。 クズなりに日頃あったことをブログにしていきます。 少しでも共感してもらえるとありがたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。