働き方改革

まず知っておきたいこと。

政府が行っていることは「改革」ではなく「法改正」です。

どういうことかというと、順番の話になってくるわけです。

最初に、「政府が法改正を行う」。

その次に、「法改正をもとに我々個人が自分なりの改革を行う」。

つまり、政府が「改革」することはできない。

もっと言えば、政府が「改革」という言葉を使ってはいけない。

改革をするのは我々個人なので。

結局のところ政府が行うのは、法律の中の「数字」や「用語」を少し変えるだけです。

例えば「労働時間は〇〇に変更する」とか、「時間外労働は〇〇に減らす」とか。

つまり、「〇〇の変更」というところまでしかできないんです。

「変更」しかできないのに「改革」という単語を使って、いかにも「我々が国民の生活を改革してあげます」という言い方をしているわけです。

こうやって「できないことをできる」と言って騙しているわけです。

誰のために?

政治に関係している自分たちのために。

庶民を混乱させて、いかにも「不景気だ」と思い込ませて税金をたくさん取って「自分たちに儲けさせる」。

こういうことを我々が見抜いて考えていかないといけないんです。

これ、どうすればいいか、という話なんですけど、「我々個人がよく考える」というところなんです。

どういうことかというと、「政府がやってるのは単なる変更だけ」ということを冷静になって聞き流すのです。

冷静に聞き流しましょう。

そして、「改革」は自分の役目です。

政府は全く関係ない。

一人一人が前に進むためには、自分自身の改革というものを進めていくしかないのです。

投稿者: robe

残業、休日出勤、いじめが理由で一般企業を辞めた落ちこぼれです。 クズなりに日頃あったことをブログにしていきます。 少しでも共感してもらえるとありがたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。