毒親

ここ数年「毒親」という言葉をよく見ます。

子供が幼いころから言葉や体で暴力を振るう親のこと。

ネット上の記事やブログでよく見るタイトルが「毒親の特徴」や「毒親に育てられた人の特徴」。

いろいろなものを読んで、「あ、俺もこれに当たってるかも」と思うようになりました。

僕の場合の特徴として「家で強制的に勉強させられた」と「褒められた記憶がない、できて当たり前」という感じです。

「家で強制的に勉強させられた」というのは、たぶんかなり小さい頃からだったと思います。たぶん、小1からやらされてたような・・・。

夜、母が用意した教材でやってた記憶があります。

しかも超スパルタ。

僕は基本的にやりたくなかった、です。

嫌々やってるからもちろん頭に入らず、毎日毎日怒られていました。

怒られるだけではなく、頭を叩かれていたのをよく覚えています。

学年が上がるにつれてエスカレートしていき、中学校の定期テストの時期は地獄でした。

深夜2時くらいまでやらされてたと思います。

反抗しなかったのか、と思うかもしれませんが、「反抗」という選択肢がなかったです。

おそらく小さい頃から言われ続けてきたため「何か」が体と心に染み付いていたんだと思います。

「勉強させられた」ともう一つの「褒められた記憶がない、できて当たり前」というのもつながっていて、「勉強できて当たり前」「いい点取って当たり前」という感じです。

だから、いくら夜中まで勉強してテストの結果が良くても、褒められたことはありません。

労いの言葉もありません。

だから、家に帰る時は常に緊張状態でした。

「今日は何を言われるんだろう」と。

テスト期間はいつもドキドキでした。

こうやって書いてると、本当にキリがなくなってきます。

で、昔あった後悔や妬み恨みをズラズラ書いても何も解決しないので、今はとにかくネットや本で調べながら前に進んでいるところです。

これから明るい人生にしていくためには、とにかく前に進まないといけないので。

投稿者: robe

1984年(昭和59年)生まれ 福島県浜通り在住 性別:男 職業:非正規 2007年 3月 大学卒業 4月 仙台の企業Tに就職 2008年10月 企業Tを退職 2009年 7月 仙台の企業Kに就職 2016年 3月 企業Kを退職 2017年 4月〜 地元で非正規 10年間、都会で自分に合わない仕事を無駄に我慢しながら食らいついてきましたが、これでは本当に自分の将来がなくなると思い、好きなように過ごそうと地元に戻りダラダラと生きています。 性格は暗くても前向きに生きています。 ブログでは、日々あったことを、 ただひたすら書いています。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。